眼下には雄大な四万十川。山あいのモダンホテル「星羅四万十」

Share on twitter
ツイート
Share on facebook
シェア

ホテル星羅四万十

Share on twitter
ツイート
Share on facebook
シェア

四万十川を囲む自然の中のモダンホテル

高知県西部の四万十、西土佐。川沿いに進むと見えてくるのが「ホテル星羅四万十」。

朝霧や川面を彩る色とりどりのカヌー、周囲に連なる山の稜線が美しい地域です。最も四万十川らしいと言われる、中流域の風景が一番のおもてなしに。モダンなお部屋やロビーでお仕事ができ、四万十川が見える温泉でゆっくり疲れを癒せます。四万十天文台での天体観測も人気の理由です。

 

設備
温泉あり
通信環境
Wi-Fiあり
対応キャリア
docomo, au, Softbank
駐車場
あり
利用料金
宿泊プランによる
予約方法
ホームページにてご予約ください
補助金対象
対象外
備考

施設・設備

日帰り入浴もご利用いただけます。(用井温泉)
時間 7:00 ~ 9:00 / 16:00 ~ 22:00※土日、祝日は11:00 ~ 14:00の間も入浴できます。

アクセス

JRをご利用の場合
高知 -窪川(乗換)- 江川崎 約2時間
松山 -宇和島(乗換)- 江川崎 約2.5時間
ご宿泊のお客様は、江川崎駅まで(車で約5分)ご送迎いたします。
お車をご利用の場合
高知自動車道
高知IC-四万十町中央IC(R56)-窪川(R381)-四万十市西土佐 江川崎
約2時間10分
※このルートであれば狭いところはなく2車線の道路です。

松山自動車道
松山IC-三間(県道57)-鬼北(R320-R381)-四万十市西土佐 江川崎
約1時間40分
※このルートは鬼北~江川崎の間に少し狭いところ(時間にして5分程度)がありますが、
そこ以外は2車線の道路です。
星羅四万十は江川崎の対岸用井にあります。まずは江川崎を目指してください。

関係者の想い

高知県西部、四万十市。西土佐の道の駅「よって西土佐」からゆったりと流れる川の向こうに見える、格好のいい建物。

四万十川を眺めながらの宿泊が叶う「ホテル星羅四万十」支配人の上山さんにお話を伺いました。

四万十川を眺めながらの癒しのワーケーション滞在

四万十川、決して空港から近いとは言えないこの立地ですが、他にない景色やモダンな建物にリピーターも多いホテル。上山さんはなんと愛媛県から通って来られているそう。

「この辺は愛媛との県境が近く、珍しくはないと思いますよ。この地域までわざわざ来てくださる方に出来る限りのおもてなしをしていきたいと思い、お部屋やお料理のプランなど工夫をしています

この建物、入ると天井が高く開放感のある明るいゾーンと、ラウンジなんかは照明を落とし落ち着いた雰囲気になっていて、とても居心地がいいです。ここは高知?と思ってしまうようなモダンなホテルです。

「吹き抜けがあり、フロントのそばには水も流れていたりと非日常を味わっていただけると思います。確かに建物はモダンなデザインで気に入ってくださる方も多いです」

少し丘を上がったところにあるホテル、四万十川を下にみる絶景を当たり前のように堪能できます

眺めのいいラウンジでお仕事をどうぞ

コンセントが至る所に設置されたホテルのラウンジ。ソファ席なので座り心地が良く、ふかふか…このラウンジ、お仕事にもぜひ使ってくださいとのこと。

「ご宿泊のお部屋だけでなく、気分を変えたい時などにどうぞ。山々や四万十川が存分に見えるこのロケーションでもぜひお仕事をしてください。コンセントは床に何箇所かあります。ドリンクの注文もできますよ」

ガラス越しに見える雄大な山々と四万十川は開放感があり、ぼーっと眺めているだけでも幸せ

撮影日はあいにくの雨でしたが、それもまたいいなと思えるような、山々の霧が幻想的な景色に。ついつい長居してしまいます。

四万十川がある風景 右手奥が星羅四万十です

天体観測や温泉、道の駅や美味しいお店など、長期滞在でも飽きない

少し坂を降って橋を渡ると、川向の道の駅やお店が。近隣の散策も充実していて楽しめます。なにより天気が良ければ本格的な天体観測も体験できるかもしれません。自然に囲まれた、他にないモダンなホテルで、ぜひ贅沢なワーケーションはいかがでしょうか。

(文・一部写真 横田佳歩)

周辺情報

利用者の声

実際に、施設をご利用された感想をお教えいただけませんか。
お名前はニックネームでも構いません。

お問い合わせ・ご予約

お問い合わせ・ご予約の際は「Haretokeを見た」とお伝えいただけるとスムーズです。

Share on twitter
ツイート
Share on facebook
シェア

同じエリアで探す